■研究会誌 ISSN 2189-9770  

 
演題応募・原稿寄稿申込み
はじめての方はこちらから

演題応募フォーム
 
 慈大呼吸器疾患研究会誌

 第三病院内科第二講座主任教授(当時)に岡野弘先生を,そして本院第四内科教授(当時)に谷本普一先生をお迎えいたしたことを機に,本院放射線科川上憲司助教授(当時)が音頭をとられ,それまで個人的レベルで続けられていた慈恵医大関連の呼吸器に関するチームをまとめられて発足いたした研究会であります。

 第1回は1988年11月16日に開催されましたが,本誌vol.2(1989年6月5日発行)の編集後記で川上世話人が次のように述べられています。

-----『慈大呼吸器疾患研究会誌』第2号をお届けします。世話人会で発表の抄録でものこしておけば研究会の“あゆみ”をしるのに役立つし,また研究仲間相互の連絡,研究へのアドバイス,あるいは研究をすすめていく上での協力体制の確立などにも役立つであろうとの意図で研究会誌を編纂することとなりました。

 それから17年,途中1997年には発起人メンバーの川上先生が鬼籍に入られる憂き目を経験し,本誌続刊が危ぶまれることもありましたが,世話人・会員各位のご協力により第16巻第3号まで既刊いたすことができております。

 編集委員会では,本ホームページ開設を機に会誌の総目次・Indexの検索,そして本文の閲覧まで可能なよう充実させていく予定です。会員各位におかれましては,従来に増して本誌への活発な投稿とご活用を節にお願いするものです。

2005年新春